異文化間情報連携学会 異文化間情報連携学会は2020年3月26日付で「日本学術会議協力学術研究団体」に指定されました。

異文化間情報連携学会 CINEX(Circle of Inter-cultural information and NEXus)へようこそ!

本学会は、異文化間における同質性および異質性に有益な知見を見出して、国際理解および異文化理解、さらには成熟した情報社会の進展に研究面および実践面から寄与することを目的として活動しています。

お知らせ

 2020年3月に日本学術会議協力学術研究団体として指定を受けて以降、会員研究者の研究資金獲得支援を強固にし、ひいては学術研究面での洗練度を高めてもらうため、科研費基盤B,C,萌芽、そして財団助成等の採択件数が豊富でなおかつ審査委員経験者である本会淺間会長および科研費基盤Cでの採択件数が豊富で同じく審査委員経験者の山下副会長の陣頭指揮の下、科研費対策講習会および個別申請書作成指導のテコ入れを充実させています。支援の甲斐あり、本年多くの会員から科研費獲得の朗報が舞い込んでまいりました。学会として科研費対策で研究支援しているところは極めて少ないものと思われますので、このような活動もまた、本会の特色となっています。本年もまた講習会を企画充実させてまいります。
 

「異文化間情報ネクサス学会」は2018年11月1日より、あらたに学会名を「異文化間情報連携学会」として、再スタートすることとなりました。
活動内容等に大幅な変更はございませんので引き続き当学会のご支援をよろしくお願いします。

アカデミックプロジェクト第10弾text_title

『デジタル・AI時代の暮らし力 -アナログ知のポテンシャル-』

が出版されました。詳しくはこちら → 出版物



  • 2021年3月20日 Web Journal第7号が発行されました。詳しくはこちら → Web Journal
  • 2021年1月18日 非常勤講師公募情報(共立女子大学・短期大学) 詳しくはこちら → 公募情報
  • 2020年12月19日 第8回年次大会がオンラインで開催されました。詳しくはこちら → 第8回年次大会
  • 2020年8月29日 本学会会員による科研費採択講習会を開催しました。 → 科研費採択講習会
  • 2020年3月26日 異文化間情報連携学会は2020年3月26日付で「日本学術会議協力学術研究団体」に指定されました
  • 2019年12月21日 第7回年次大会が共立女子大学・共立女子短期大学で開催されました。詳しくはこちら → 第7回年次大会
  • 2019年9月14日 第37回定例研究会が東洋大学ライフデザイン学部(朝霞キャンパス)で開催されました。詳しくはこちら → 第37回定例研究会
  • 2019年5月25日 プロジェクト・ミーティング成功裡に発足。詳しくはこちら → プロジェクト・ミーティング
  • 2018年12月15日 第6回年次大会が早稲田大学早稲田キャンパスで開催されました。詳しくはこちら → 第6回年次大会
  • 2018年12月15日 アカデミックプロジェクト第8弾 『グローバル時代のコア・ベクトル -意外性への視線-』が出版されました。
    詳しくはこちら → 出版物
  • 2018年12月08日 Web Journal第5号が発行されました。詳しくはこちら → Web Journal
  • 本学会に入会を希望される方は事務局までお問合せください。 → 入会案内
PAGE TOP
MENU